トレーナーのスキルアップの試験を受けに、代々木公園前駅へ


試験対策セミナーを受け


試験を受ける


今回は、試験のための試験。

ちょっと独特な試験で、
筆記と実技試験を行ないました!

お金を払って試されに行く。
なんでそんな事するの?とよく言われる。

義務教育が終わると、
本当に試験やテストの機会が減る。

昔、金融関係の仕事をしていた時は出世のために試験とか受けてたけど。
会社のために勉強するのもどうかと思った。
出世のために勉強する時代でもないとも言われた。

ここ最近、
色んな試験を受けて思うこと。

・満遍なく覚えなければならない
・期限を切って覚えなければならない
・テストのためのテストってどうなの
・インプットしたものをアウトプット出来るか確認することができる

よりシンプルにアウトプットするには理解を深め噛み砕けていないと出来ない。

ネガティブなテストもあるけど、
ポジティブなことももちろんあって、
とても良い機会だと改めて思ってます。

インプットだけで理解した!

と思っていることって本当に多々あるなと実感します…。

アウトプットを前提にインプットすると
またインプットの仕方も変わることにも今更気付かされています。
つまり学ぼうとする姿勢が
変わっていきます!

試験やテストを通して学ぶことは
本当に多いような気がします!

わざわざ遠くへ行ってお金を払って試験を受けること。
やればやっただけの能力の取得はあると思いました!

色んな角度から色んな意見を戴いて。

やっぱり、
軸は持つけど偏らない
フレキシブルな対応能力を付ける必要はあると思いました。

もちろん現場では常に試されます。

常に試験。

この緊張感を楽しむことで、
改めて日々成長出来ると。

試験を受け続けて思いました。

来週も試験。

勉強して暗記することよりも、
試験に対して向かう姿勢を養うことの大切さ。
これが今後どう活きるのかを、
今の子どもたちに自分の活動を通して伝えていきたい。

試験/テストで効率良く結果を出す。

これは、
本当にやりたいことを見つけた時に自分の成長を促進させる期間を早めるために必要不可欠な能力かもしれない。

無事、合格しました!